体の賢さの重要性

体力要素とは単に「持久力」ということではなく、アジリティやバランス、コーディネーション、心肺機能、筋力といったあらゆる身体機能のことを指します。この理論を説明する際よく使われる「スキャモンの発育曲線」があります。スキャモンによると、神経系の発達は生まれてから5歳頃までに80パーセントほど形成され​、12歳をピークにほぼ100パーセント形成されます。よって12歳までに様々な動きを経験させておくことが最も重要とされています。
少年期に必要な体力要素を付け、高学年には社会的要素を身につけることが必要です。状況判断、相手を見る力、今は何をすべきか。社会に出て必要な能力を野球を通じて身につけることができます。
野塩ファイターズでは単に野球を習うのではなく社会に出てからの能力を身につけることが重要と考えます。

野塩ファイターズでは野球を通じて子供達の成長を応援します。